用意できていればいつでも使うことができるお名前シール。

用意できていればいつでも使うことができるお名前シール。
できるだけ早い段階から用意しておきたいものですが、作り方はどうするのか迷ってしまうでしょう。

自作できるようなものも出回っていますが、長く使うことを考えれば業務用プリンターで作成していくほうが確かなものが出来上がります。

防水のお名前シールも作れますし、アイロンシールも綺麗に作ることができるからです。

作り方としては、とても簡単です。
どんな素材のお名前シールがいいかを考え、絵柄を選んだら名前を入力していくだけです。

この時に、ひらがなだけか漢字も使えるかは、種類によって異なります。

ローマ字が使えるものもありますが、お道具箱シリーズなどでは使えませんので要注意といえるでしょう。

作り方の注意としては、文字数の制限があります。
商品によって違いはありますが、お道具箱シールの場合には、姓と名を合わせて10文字以内にする必要があり、姓も名も6文字以内であれば対応することができます。

ママラベルの場合には、10文字以内、キッズマークシートでは14文字の制限が付いてくるのです。

おさまりが悪い場合には、漢字にするなどの工夫が必要になってきます。
書体も商品群ごとに設定されており、変更することはできませんが、読みにくいものではありませんので、心配はいらないといえるでしょう。

作り方は本当に簡単です。

枚数も一人分としては十分なものとなりますので、忙しくなる前に作っておくことも準備を考えると大切といえるでしょう。

ページの先頭へ