お名前シールは、誰でも簡単に貼ることができるものです。

お名前シールは、誰でも簡単に貼ることができるものです。

細かなものまで名前を書くわずらわしさから解放されるだけではなく、ばらついてしまいがちな手書きに比べて、読みやすい文字で名前を入れることができます。

お名前シールの中には、アイロンで加熱するだけで生地に定着させることができる、アイロンシールもあります。

こちらもアイロンさえあれば誰でもできるものですので、チャレンジしてみてもいいでしょう。

使い方としては、熱に耐えられる素材であることが大切です。
アイロンをかけたときに溶けてしまうようなビニール素材などは不向きです。

チャレンジする場合には、設定をドライにしておくことと温度が重要になってきます。

コットンタイプや透明タイプは、綿の高温設定で行います。
ですが、伸縮性のある不透明タイプは中温設定にすることが大切ですので、間違わないようにしなければいけません。

アイロンを当てる際には、体重を乗せて10秒~20秒圧着することと、スチームの穴はシールから避けることがコツでしょう。
こうすることで、しっかりとついてくれるのです。

仕上げも大切です。
どうしても最初にチャレンジするときは忘れてしまいがちですが、転写した後に仕上げシートやアイロンペーパーを乗せ、重ねてアイロンをかけていきます。

強い力をかけてしまうとよれてしまうこともあるので、ここは慎重に行うときれいに仕上がります。

ペーパー等がない場合には、クッキングシートで応用できます。
あとは冷えたらはがしてあげれば完成になります。

お名前シールをつける相手は、一度選択しておくことも大切です。
布によってはノリがかかっていることもあり、落としておかないと接着力が弱まってしまうからなのです。

ページの先頭へ